取扱商品

2021.08.16

フロード・ガードF

フロードガード16
フロードガード15

☑軽量ながら強固な本体  ☑簡単設置で迅速な対応

☑繰り返し使えて経済的  ☑コンパクト収納で持ち運びに便利

フロード・ガードとは?

台風やゲリラ豪雨などから浸水被害を防ぐ、

簡易型止水板

特殊工具不要で簡単に敷説できるため、

急な浸水被害時も迅速な対応が可能です。

非常に優秀な止水性能を有しておりますが、

土嚢などその他防災グッズと併用することにより、

より万全な治水を実現させます。

フロードガードF23
フロードガードF18
フロードガードF19

両端に新設された凸

本体の両端に凸を設け、接続する2台の凸部を重ねることで簡単にまっすぐ接続できます。

従来品より接続強度もアップしており、強風でも外れる心配がありません。

フロードガードF20

簡単ロック

フロードガードFはフック式を採用。

初見の方でも接続方法が理解可能で、容易に設置できます。

また、接続強度も格段にアップすることに成功しました。

フロードガードF21

QRコード 

携帯電話でQRコードを読み取ることで、説明書をその場で確認することができます。

ゲリラ豪雨などの緊急時、説明書を取り出す手間が省けるので、いち早くフロード・ガードの設置が可能になります。

フロードガードF22

連結保管

フック式を採用し大幅に接続強度が強まったことにより、連結したまま保管することができます。

3台まで連結したままで保管できるので従来品に比べ、保管スペースは1/3ですみます。

水は少しの隙間からでも容易に侵入し、人名や財産を損失させます。

止水板は「ネットで購入し、ただ置くだけ」では、能力を発揮することはできず、浸水被害にあってしまいます。

適正数を適正位置に正しく配置することにより、初めて浸水被害低減能力を発揮いたします。


フロード・ガードを導入するには、設置場所の測量・設置方法・注意事項の確認など事前作業が必要です。

必ず販売店に事前作業を依頼してください。

※フロード・ガードは浸水被害を軽減させる製品であり、浸水被害をなくすことはできません


設置工事等は大阪府下に限らせていただいております。

フロードガードF2
フロードガードF3
フロードガードF4
フロードガードF10
フロードガードF5
フロードガードF6
フロードガードF7
フロードガードF8
フロードガードF9
フロードガードF10
フロードガードF11
フロードガードF14


設置工事等は大阪府下に限らせていただいております。

 従業員ブログ


LINEお友達登録

EF通電工法ごご覧いただけます。

 

  Facebook  

サイト内検索